プレゼントファイル一覧



筋トレ継続法

(PDFファイル60ページ)


いかに筋トレを続けていくか、「継続」に焦点を当てたコンテンツです。

「コツコツと続けることが苦手」
「モチベーションをなかなか維持できない」
「普段から忙しくて筋トレする時間がなかなか捻出できない」

あなたがそのようなタイプなら、きっとこのファイルが役立ちます。

「意思が弱くてなかなか続けれられない」という問題に対し、有効なのが脳科学。
脳の仕組みを理解していれば、「意思の強さ・弱さ」に左右されることがなくなります。
「面倒くさい、時間がない」といった、継続を阻む問題に際しても、スムーズに切り抜けることができるようになります。

ローマは一日にして成らず。理想の筋肉質ボディも一日にして成らず。
筋トレにしても食事にしても、取り組んですぐに効果が現れてくるものではありません。
当然ながら、続けることが大事です。3か月、半年、1年2年…と。

ぜひ、脳の仕組みを利して筋トレを継続し、着実に筋量をアップさせていってください。


 面倒くさくてどうしようもない気分を、10秒で消し去る方法とは?

お笑い番組を観て知ることができる、筋トレを長く続けるためのコツとは?

肉体改造のモチベーションを半自動化できる2つのステップとは?

この“脳のシステム”を使えば、筋量アップに拍車がかかり、筋トレ継続にもつながります。

停滞を打ち破り、筋肉の成長が最大限に促される4つのステップとは?

筋トレが楽しくてたまらなくなり、肉体改造を快感の域まで引き上げてくれる脳の活用法とは?

「肉体改造は数値化させるとモチベーションが維持される」その具体的な管理法を紹介します。

トレーニングの集中力が格段に向上する時間活用法とは?

筋トレ中毒になるために推奨される生活スタイルとは?
 


 

マインドシフト禁煙法

(PDF159ページ)


「禁煙したくてもすぐ挫折してしまう」
「やめるにやめられない」
といった悩みを抱える喫煙者トレーニーに向けたコンテンツ。

「タバコなんて百害あって一利なし。体に悪いから吸わないほうがいい」
そんなことは、喫煙者だって重々わかっているんです。
それでもやめられない状況にあって苦しんでいる。日々自己嫌悪の感情にさいなまれている。

そこで重要なのは、今までと発想を変えることです。

「吸わないようにする」のではなく、
「吸わなくても平気でいられるようにする」

従来のようにガマンして禁煙に臨むのではなく、
「タバコは自分に必要ない」と心から思えるようにすること。

「吸わなくても平気でいられるようにする」そのためには前提として、タバコに対する正しい理解が必要となります。
ニコチンの性質、「ストレス解消」や「集中力アップ」といったメリットの嘘、喫煙者となるいきさつ…

タバコを正しく理解した上で、禁煙に臨めば臨む未来が拓けてきます。


スムーズな禁煙を実行する際、捨て去るべき喫煙者特有の信仰とは?

「飲み会でしか吸わない」人も、バリバリの喫煙者だと言える理由。

タバコが「楽しみ」「くつろぎ」と真逆のものであるとしみじみわかるようになる3つの例え話とは?

日本でタバコが嗜好品であり続けている“致し方ない事情”とは?

キムタクの喫煙シーンに象徴される、社会全体に仕掛けられた2つの“刷り込み”とは?

日本のメディアで“タバコの正体”が表面化されてこない背景

ばく大な利益をもたらすヒット作・メンソールタバコに組み込まれた仕掛けとは?

「最近マジ調子悪い…」
 健康を気遣う喫煙者の心理を突いた、低タールタバコのトリックとは?

軽いタバコが依存を高める決定的な理由とは?

世間のバッシングにはこの手で対抗しました。
 タバコ会社の潤沢な資金を利した方策とは?

ニコチン依存症とギャンブル依存症。この2つが明らかに異なる点とは?

「タバコなしで人生やっていけるのか?」
 いざやめようとしても沸き起こる不安の正体とは?

どうしようもない不安に押しつぶされそうになったとき、これだけは避けておきたい対処法とは?

忘れようとすればするほど忘れられない…
 どうしてもタバコが頭から離れないときに有効な心の持ち方とは?

禁煙は3分12ラウンドの勝負?
 敏腕プロデューサー・おちまさとから学ぶ、禁煙準備の鉄則とは?

ある日突然襲いかかってくる一本オバケ。
 胸が締め付けられる思いを乗り切ることができる、9つの予防策とは?

知る人ぞ知る「タモリ式禁煙法」の応用バージョンとは?

タバコの呪縛から解放されるために、何としてでも断ち切りたい2つのリズムとは?

「禁煙最大の難関」酒の席で打ち勝つための、3つの対策とは?

あなたの思いやりが禁煙成功に結びつきます。
 禁煙を実行する際、伝えたほうがいい2種類の相手とは?



 

マッスルフード・プロレス

(PDF131ページ)


肉体改造食品×プロレス×実況中継の融合コンテンツ。
卵や鶏ムネ肉、サバ缶、サツマイモ、バナナ、玄米、ホエイプロテインなどの食品がなんとプロレスラーに変身。
試合を繰り広げる中で、それぞれの食品が持つ特徴、効能、成分、摂るべきタイミングなどを示していきます。

数年前メルマガで、「小松菜とほうれん草の効能」についてこの形式で伝えたところ、
「最高だった」「大笑いした」「食品への興味が湧いた」など、非常に反響が大きかったためアイデアを拡大。ファイル化までに至りました。

肩の力を抜いて読んでいただけたら幸いです。

なお、今のところ旗揚げ2戦目以降は行われていませんが、私自身またいつか書き綴っていきたいコンテンツの一つです。


【教材内容を一部抜粋】

 
バックを取ったサツマイモ!
試合を終わらせるのか!

おっと、バナナが足をかけて防御する!
投げられまいと抵抗するバナナ!
筋トレフルーツの意地だ!

サツマイモが手を離しました!

バナナから離れたサツマイモが、右腕をグルグル回しながらロープへ走りました!
ラリアットを狙うのか!?

おっと!
バナナのローリング・ソバットだ!

サツマイモがラリアットで突っ込んだところを、バナナがローリング・ソバットで迎撃しました!

劣勢にあってもこのジャンプ力!
エネルギーの持続性を見せつけるバナナ!

バナナが続けて、コーナーポスト最上段へ上がっていく!

サツマイモが振り向いたところへ…
ダイブしたー!

トリプトファンをお見舞いだー!

快楽ホルモン・セロトニンを生み出すバナナのトリプトファン!
悪臭に満ちた館内に、一服の清涼剤を放っていきました!

カバーに入るバナナ!

カウント2でサツマイモが肩を上げます!


さあ、わからなくなってきました!

一気に逆襲に転じたバナナ!

しかし、咳き込んでいます!
サツマイモのガスによるダメージが尾を引いているのは確かだ!


ゆっくりと立ち上がるバナナ!

うぉーっと!
皮を脱ぎ始めました!
バナナが皮を脱ぎ始めました!

どよめく館内!


(第4試合・サツマイモVSバナナより)



プレゼントファイル目次へ戻る

マッスルマガジンレポート VOL.1

(PDF33ページ)


「マッスルマガジンレポート」とは、現在休止中の会員制組織『デジタルフィットネスジム・チェリッシュ』で配布していたサービスです。

『マッスル&フィットネス』『IRONMAN』『月刊ボディビルディング』『トレーニングマガジン』といったゴリマッチョ系雑誌のエッセンスを、田上が都度都度ピックアップ。

ピックアップした話題を深掘りし、使いやすい形にアレンジして会員の方々に限定して送り届けていました。

今回、レポートを加筆修正し、2つのファイルに分割。


レポート1【目次】

『月刊ボディビルディング』 2017年2月号
ボディビルダー・吉田倫徳選手のトレーニングノートに関する発言

『月刊ボディビルディング』 2017年3月号
女子ボディビルチャンピオン、アイリス・カイルの言葉

『マッスル&フィットネス』2017年3月号
朝、食欲が湧かないときの対処

『トレーニングマガジン』VOL49
あなたのビッグ3は?

トレーニングノートに記録する習慣で得られる4つのメリットとは?
 (きっとあなたも「トレーニングノートをつけずにはいられなくなる」でしょう)

トッププロが教えてくれます。理想のカラダ実現の過程で必要となる「内面的決意」とは?

アイリス・カイル、馳浩議員、筋肉ユーチューバー・カネキン。3人に共通するキーワードとは? (アイリスは信念で、馳は経歴で、カネキンは背中のタトゥーで、それぞれ表現しています)

数々のチャンピオンを育て上げたボディビルコーチ、クリス・アセートは言いました。「朝食は1日の中で最も重要な食事」 …朝から食欲を全開にさせるために有効となる3つの対策とは?

どうしても朝食欲が湧かない? ならば、「子どもの夏休みの過ごし方」が参考になります。

「種目選びの3つの基準」 …これらの基準を意識すれば、筋トレが長続きし、生涯カラダを磨き続けていくことにもつながります。

ボディビルダー・ジュラシック木澤がスクワットに向き合うとき、ワールドクラスの登山家が8000メーター峰に挑戦するとき。2つに共通するマインドとは?
 (このマインドを意識すれば、筋トレがより意義深い活動に感じられるでしょう)

 
 


 

マッスルマガジンレポート VOL.2

(PDF48ページ)

【目次】

『月刊ボディビルディング』 2017年5月号
ボディビルダー・浅野喜久男インタビュー
もっと早くから…
アメリカ人の意識
食事が疎かになるのはなぜか?
実際カラダを作っているのは食事
問題の根本にアプローチする姿勢

『マッスル&フィットネス』2017年5月号
1型糖尿病と向き合うトップスキーヤー、クリス・フリーマン
1型糖尿病について
あなたにもある日突然…
ドクターストップがかかったとしたら
それぞれが抱える制約
制約はプラスになる
制約に対する心構え
人間に残された「最後の自由」

『IRONMAN』2017年5月号
安井友梨(フィットネスビキニ・トップ選手)の仕事と競技を両立させるための工夫
さらなる筋肥大を狙うために
筋トレ時間を確保するための対策
あなたにとって理想の生き方とは?

 日本人唯一のプロボディビルダー・山岸秀匡が指摘する「日本人とアメリカ人の意識の違い」とは? (この意識の違いにより「日本は10年遅れをとっている」と山岸選手は言います)

「自然食を重視すれば屈強なカラダが手に入る」…その深い理由とは?

1型糖尿病患者でありながらバルクアップを成功させた阪神タイガース・岩田稔投手から学ぶ「心の整理法」とは? (あなたの増量でもきっと役立ちます)

「時間がない」「設備がショボい」…さまざまな悪条件に対する向き合い方を、80歳ボディビルダー・金澤利翼さんが教えてくれます。

トレーニーとしても人間としてもステップアップしていける「日常的態度」とは? (この態度をわきまえていれば筋肉は厚みを増し、人としても器が大きくなるに違いありません)

仕事上の飛躍、筋肉増量。2つを同時に達成するために持つべき姿勢とは?
 (この姿勢を明確にすればするほど、仕事の業績も筋肉量も上昇していきます)

「トレーニングか仕事か…」どちらを選ぶか迷ったとき、あなたの胸に突き刺さるであろうピーター・ドラッカーの一言とは?

AIに仕事を奪われるこれからの時代…
 「ある発想」を持ちながら活動していけば、仕事も筋肉も奪われる心配がなくなります。



 

ヒューマンパワーボイス1

(MP3音声ファイル 22分18秒…2017年3月収録)


ヒューマンパワーボイスとは、マッスルマガジンレポート同様、現在休止中の会員制組織『チェリッシュ』で毎月配布していた音声サービスです。

グローバル化、IT化…変化が激しすぎる時代において、時代の荒波に飲み込まれないよう、一個人としての力、ヒューマンパワー(人間力)を育てよう、という意図の元、作成していました。

マッスルマガジンレポートが目に見える部分、外見を磨くための教材なら、ヒューマンパワーボイスは目に見えない部分、内面を磨くための教材です。


【ヒューマンパワーボイス1の概要】

テーマ: 「みんなに好かれようとしてはいけない」


ドナルド・トランプ大統領の嫌われ方は半端じゃない。
一方で熱烈に支持する人も大勢いる。
好き嫌い両極に分かれるのが特徴。

トランプは、支持者を増やすために、「あえて嫌われる」という戦略を取っているとも考えられる。

一連の“トランプ現象”から我々は何を学べるか?

→「みんなに好かれようとしてはいけない」

肉体改造でも何でも、何かを成そうとすれば、嫌ってくる人や反発してくる人は出てくる。

行動は反発する力(=反作用)があって成り立つという「作用反作用の法則」がある。

たとえば、飛行機は離陸するとき空気抵抗を必要とする。
空気による抵抗(反作用)がなければ、飛行機は上空に飛び立つことができない。

人間の行動でも、抵抗(反発・嫌い)が必要となる。

「嫌いが増えれば好きも増える」
→ダン・ケネディ(アメリカの有名コピーライター)の名言

トランプやホリエモンなど、アンチが多いほどファンも多い。
また、世の中で「清廉潔白」のイメージで通っている人でも、アンチは存在する。
どんなに崇高と思える活動でも「反対の力」は出てくるもの。
有名無名に関係なく、活動の大小に関係なく「反対の力」は出てくるもの。

嫌い、反発… 反作用の力はあって当然。
反作用なくして物事は成し遂げられない。
反作用なくして肉体改造も成し遂げられない。
反作用の力が大きければ大きいほど、より大きなスケールで変化していく。

主体的に生きようとしている人が、みんなに好かれるのは無理難題。
アンチが出てくるのは、何より行動している証拠。


 

ヒューマンパワーボイス2

(MP3音声22分33秒…2017年5月収録)


テーマ:「自分でコントロールできることに意識を向ければ、筋肉はついていく」

【概要】

 『NUMBER』925号のテーマ・嫌われる勇気。
嫌われる勇気=アドラー心理学を題材にしたミリオンセラー本。

アドラー心理学に「課題の分離」という考え方がある。
・自分でコントロールできること(自分の課題)
・自分でコントロールできないこと(他者の課題)

松井秀喜は、元々独自の哲学として「課題の分離」を心得ていた。

肉体改造でも計画通りに進まないときは、課題を分けて考えるようにするといい。

「仕事の都合で筋トレ時間が取れない」
→時間そのものはコントロールできないが、時間をどう使うかは自分でコントロールできる。

「風邪など病気にかかった」
→なってしまった事実はコントロールできないが、どう対応するかは自分でコントロールできる。

「停滞」
→停滞している事象はコントロールできないが、どのように対処していくかは自分でコントロールできる。

自分でコントロールできないことをどうにかしようとする→操作主義。

操作主義に陥りやすい理由。
・単純に楽だから
・「自分を変える」という面倒な作業をしなくて済むから

操作主義で生活していても現状は好転しない。
自分でコントロールできないことばかりに意識を向けても、現状は好転しない。
いら立ち、情けなさが募ってくる。

そのため、何か問題にぶつかったらまず、
・自分でコントロールできること
・自分でコントロールできないこと
2つに振り分けた上で、「自分でコントロールできること」に働きかける。
そうすることで現状打破の突破口が見つかる。


プレゼントファイル目次へ戻る



スマートフォン版